専門学校入試

専門学校の入試は学校によっても違いがあるのですが、推薦入試と、そして一般入試の2つが特徴です。そして最近はAO入試といって個性的な能力を重視している入試もあります。
優秀な学生を確保するために特待生入試などを導入しているところもありますし、社会人入試を用意しているところもありますので、入試のスタイルは多種多様化している野が特徴です。

推薦・一般入試について

専門学校入試の種類として推薦と一般がありますが、推薦入試は大半の専門学校で実施されています。
学力よりは人柄を重視しているのが特徴です。

試験の内容は書類選考、面接で行われるところが多くそれにプラスして、小論文や作文を出すところも多い野が特徴です。
そして一般入試では、書類選考、学歴試験、面接試験が組み合わせて行われます。

学力試験の教科は何の専門学校なのか、その教育分野によっても違いがあります。
看護学校などの場合には国家試験を受験するための基礎学力が入学をするときから必要とされているために生物や化学などが出題範囲に入っていることもあります。

学校によって、適正試験を実施していることもあります。
特待生入試は、学力試験と面接試験が組み合わせて行われていて、学校により作文もあります。

推薦入試、一般入試の試験と比べると早期に試験が実施されることが多くて応募する期間には注意しましょう。
特待生として入学した場合は授業料が免除になったり、授業料が割引になったり、入学金免除などの特典があります。支援される特典内容はそれぞれの学校によっても違います。

社会人入試について

そして最近医療系の専門学校で特に多いのが、社会人入試です。
社会人入試は社会経験、学習履歴を考慮して書類選考のみで行っているところ、面接のみで選考しているところも多いでしょう。
もちろん社会人入試でも学科試験を実施しているところもありますが、AO入試のようなスタイルを導入しているところが多いのも特徴です。

自分に合った学校は自分で調べてみよう

専門学校入試の試験内容は入学をしたいと思っている学校に聞くのが一番です。
学力重視や合格可能性が学校選びに直結してしまう難関の大学などと比較すると、将来何になりたいのか、その将来の仕事、学びたいという気持ちがある人は比較的入りやすい野が特徴です。
客観的な入試野選抜基準というのははっきりとはありませんしわかりにくいですが、オープンキャンパスなども足を運んで、どのような人材を求めているのか聞いてみるというのも1つの方法です。
自分の将来に見合った学校を選びましょう。

カテゴリー: 受験方法を押さえよう