受験方法を押さえよう

受験の方法は学校によっても違いがあります。多種多様や受験形式があり、絶対にこれだとは決められていません。

時期によっても異なる受験形式

受験方法を押さえよう

そして同じ学校でも何期の募集で受けるかによって受験形式が違うこともあるのです。例えば、1期の募集は推薦入試という受験形式をとっているので、これは書類選考と面接のみ、またはそれに小論文がプラスされているという形のところもあります。そして2期になると推薦入試でも学科試験が加わることもあります。

そして3期からは一般入試になったり、4期は定員数が少ないので、また推薦のように学科と面接のみになることもありますから、どこの時期で受験をするかによっても、同じ学校であっても受験形式が違ってきますので、自分はどのような方法で受験をするのが合っているのか考えて受験するといいでしょう。

受験形式の種類

センター試験
AO入試
国立大学入試
私立大学入試
専門学校入試

それぞれの試験に合わせた準備をしよう

これらの入試に分けられますが、それぞれに先ほど最初にご説明したとおり、試験は1度だけでなく何度か行われていて、どの時期に受験するのかによって受験形式が違ってきます。自分が受験しようと思った学校はどのような受験形式なのかあらかじめ抑えておく必要がありますし、それがわかったら、その受験に対する対策を考えなければいけません。

例えば短大に推薦入試をしようと思った場合、推薦入試の内容を見てみると、書類選考と面接となっていたとします。これなら何も勉強しなくて受験できて楽だと思うかもしれませんが、もしこのときに合格できなかったことを考えて次に受けるところの受験対策は必ず進めておく必要があります。

次に受験するところに現代文の学科試験だけがあった場合には現代文の勉強も併用して行っておく必要があります。不合格が確定してから勉強をし始めても遅いですので、あらかじめ平行して勉強しておく必要があるのです。そしてセンター試験ならセンター試験対策が必要ですし、それぞれの学校入試にあった特徴がありますので、それをあらかじめ調べた上で準備をしておかなくてはいけません。

過去にどのような問題が出題されているのか、どんな受験形式で、どのようにすれば合格をすることができるのかなども事前に調べておく必要があります。学科試験がたとえなかったとしても必ず、万が一のことを想定して学科試験の勉強も平行して行っておきましょう。後であわてて勉強をしても遅い場合もありますので忘れないようにしてください。

カテゴリー: 受験方法を押さえよう