普段の大学の様子をチェック

文化祭やオープンキャンパスに行って大学の雰囲気を知ろうという人は多いと思いますが、これらのときというのは一般的に少し普段の大学の様子とは違っていますので、学校を選ぶ際には普段の様子の学校の雰囲気も知ることが大事です。
どのような雰囲気の学校なのか、普段の学校の様子を知ることは大事ですね。
そしてどんな学生さんが通っているのか、キャンパスライフというのはどのようなものなのか、実際の様子を見ておくことはとても大事です。
キャンパスライフをイメージすることは合格をしてからの目標もとても明確になりますし、キャンパスライフを描くためにはオープンキャンパスに行くことも大事です。

普段の大学の様子をチェック

オープンキャンパスへ行ってみよう

オープンキャンパスは開放する日時を決めていますので、学生も職員もそれに向けていろいろな準備をしているかと思いますので、若干普段とは雰囲気が違っていることが多いです。
ありのままの雰囲気を知るためには、文化祭やイベントなどで訪れる、オープンキャンパスで訪れる以外で普段の大学を見ることが大事です。
普段の大学を見る場合、行くだけなら、一番学生が多い時間帯に行くことをお勧めします。
そのため平日のお昼前後がお勧めです。
一番学生が多い時間に行くことによって雰囲気がかなりわかりやすいのです。
学生の出入りは平日の昼前後ですからこの時間に行くことをお勧めします。
そして高校が休みの日と、大学が休みの日というのは違うことが大半ですので、大学が休みの日に言っても意味がありませんので、大学のスケジュールも確認しておくといいでしょう。

オープンキャンパスへ行くにあたって

大学を見る際の服装ですが、制服で行ったほうがいいのか迷う人もいますが、オープンキャンパスなら制服でもいいと思いますが、大学の日常を見るためでしたら、私服でキャンパスに潜入したほうが違和感がないかもしれません。
しかし受験生であることを知ってもらって万が一迷ってしまったときなどに困っていたら助けてもらいたいと思っているのであれば制服で行くことをおすすめします。

普段の大学を見るために訪れる場所としては、図書館、講義室、食堂、サークルで集まる場所などを覗いてみるといいでしょう。
普段の生活を垣間見るにはぴったりの場所です。
図書館などは学生証がなければ入れないこともありますので、その際は受験生であることを伝えて、高校の学生証を見せたほうがいいかもしれませんね。
食堂は一般の人も食べることができるので、せっかくですから食べて帰るのもいいと思いますよ。

カテゴリー: 学校の選び方を考えよう