将来を見据えて選ぶ

仕事は何をしたいですか?

学校を選ぶ際に忘れてはいけないのが、自分の将来についてです。
近い将来、全く役に立ちそうもない事を学ぶよりも、仕事で活かせる事を学んだ方が確実に良い結果を出せます。
各職場でも何の知識や技術を持っていない人よりも、ある程度の知識や技術を持っている人や即戦力として活躍できる人を求める傾向があります。
せっかく希望する学校に入学しても、就職先がなかなか見つからずに就職浪人とならないように、将来を見据えて学校を選ぶようにしたいものです。

将来を見据えて選ぶ

資格取得を目指した学校の選び方

就職の事を考えて学校を選ぶ際には、仕事に活かせる資格取得ができる、受験資格を得ることができる学校を選びましょう。
例えば医師の場合は、医学部で6年間専門的な学習を重ねて所定の課程を修了しなければ、医師国家試験を受験することができません。
医師国家試験は非常に合格率が高く、受験した方のほとんどが合格するものですが、その前の段階である医学部への入学が超難関で誰でも簡単に入学できるものではありません。
将来的に医師になる夢を抱いている方は、何としてでも医学部への入学を実現する事が第一関門になります。

他にも特定の職業に就くためには資格が必須になる場合が多いです。
誰でも受験資格を得ることができる資格の場合は問題ありませんが、受験資格を得るためには学校で所定の課程を修了しなければいけないとしている場合が多いため、進路を選択する段階できちんと自分の将来設計が出来ていなければ間違った学校の選び方をする結果になるため注意が必要です。
まずは自分が将来就きたい仕事にはどんな資格が必要になるのか、その資格を得るためにはどのような学習をするべきなのかをよく考えてから検討しましょう。

各業界に強い学校を選ぶ

学校によっては就職率100%またはそれに近い就職率を誇っている場合があります。
これまでに優秀な卒業生を輩出していると信頼を得ている学校の場合は、各業界からも高く評価されて就職試験の際にも有利になる場合があります。
各学校が開設しているホームページを確認してみると、卒業生の就職状況が公表されています。
自分が就きたいと考えている業界への就職率が高いほど有利になると考えられるため、できるだけ多くの学校のホームページをご覧になって就職率を確認してください。

卒業生が活躍している様子をインタビューした内容が掲載されている場合もあるため、自分の将来と照らし合わせてご覧になってください。
希望していた職場に就職できても、こんなはずではなかったと後悔するケースも珍しくないため、社会人として充実した様子で過ごしているかを確認することも大切です。
実際に通学していて就職活動中の在校生の声も確認することも大切です。

カテゴリー: 学校の選び方を考えよう