観光学

観光学

日本や世界の人々の貢献できる学問

円高になると日本から海外に向けて旅行をする方が増え、円安になると海外から日本にやって来る観光客が増えるのは当然の流れとして認識されています。
今や観光は日本だけでなく世界各国で重要なビジネスとして捉えられており、いかにしてお客さんを呼びこむかが腕の見せ所になっています。
観光に関する様々な内容について学習するのが観光学で、直接観光ビジネスに携わっている方はもちろんですが、間接的にも幅広い場面で役立つ学問として注目されています。

学校で観光学を学んだ方は様々なスキルを修得できます。
旅行会社をはじめとした観光業界に就職する場合は即戦力として学習した内容を活かせますが、他にも様々な場面で活かせる事があります。

例えばシャッター街と化した商店街に活気を取り戻すためにはどのような工夫をしたら良いのかという場合に観光学で学んだ知識が役に立ちます。
観光客がたくさん訪れるような場所になると、どうしても環境破壊の問題が出てくるため、いかにして自然環境を守りながら共存できるかという観点でも物事を考えるスキルを修得できます。
日本人観光客だけでなく、海外から訪れる観光客の相手をすることを想定し、外国語を修得する場合もあります。
このように観光以外にも社会学や経済学など様々な観点の研究を進めながらスキルを修得できるのが大きな魅力になります。

参考:観光学部

観光学を学べる学校

日本には観光学部が設置されている国立大学、私立大学が存在しています。
例えば国立大学の和歌山大学では観光学部が存在しており、観光経営学科と地域再生学科の学科があります。
更に5つのコースが存在しており、観光に関する様々なスキルを修得して観光のエキスパートとなる人材を育成しています。
一般入試や特別入試などによる入学試験を経て合格した方が入学できます。

私立大学の立教大学では観光学部の前身でもあるホテル講座の時代から考えると60年以上もの歴史があります。
観光学部には観光学科以外にも交流文化学科が存在し、様々な学習や研究を実施しています。
大学院の観光学研究科は日本で初めて設置された観光学の大学院研究科としても有名です。

他にも大学によって観光学に関して特色のあるカリキュラムが存在しています。
所定の課程を経て卒業することで得られる資格としては学芸員や図書館司書がありますが、これらの資格を活かせる職場に就職する必要があります
学んだ知識を活かして取得を目指せる資格としては、国家試験である総合旅行業務取扱管理者があります。
この資格は旅行業を営む会社には最低でも1人以上必要になるため、旅行業界への就職を希望している方にとっては非常に有利になる資格です。
他にも様々な資格取得を目指せるチャンスがあります。

カテゴリー: 学べることをチェックしよう