社会学

社会学

人間を取り巻く環境を考える

私達の生活には様々な社会問題が密接に関わっています。
一番身近な問題としては、家庭の問題があります。
それぞれの家庭によって抱えている問題が異なりますが、例えば親が子供を虐待して悲惨な結果に陥る事件が後を絶たないのは具体的に何が原因だったのかを探る必要があります。
ひょっとしたら親自身が子供の頃にその親から虐待を受けていた事がトラウマになって自分の子供に対して同じような虐待を繰り返していたのかもしれません。
このように私達の社会を取り巻いている様々な問題に対して原因を突き止め、より良い社会にするためには何が必要なのかを学習するのが社会学です。

参考:社会学部

社会学を学べる学校

日本では社会学部を設置している大学は国公立、私立を含めてもあまり数が多くありません。
私達の生活に密接している学問になりますが、あまり日本国内では馴染みが薄くて認知度が低いのが学部の少ない原因になっていると考えられます。
私立大学では徐々に社会学部や社会学部に類似した学部を設置する学校が増えてきているようです。

国立大学で有名なのは一橋大学で、日本で初めて社会学部を設置した大学としても知られています。
国公立大学では社会学部を設置している学校は少ないものの、私立大学は全国各地の大学に設置されている場合が多いため、学習しやすい環境が整えられています。

社会学を学ぶメリット

社会学部を選択し、所定の課程を経て卒業すると取得できる資格としては例えば児童福祉司または児童指導員は任用資格になりますが、社会学部を卒業してそれぞれの資格が必要になる職場に就職する場合は有利になります。
所定の単位を取得して大学を卒業した方については社会福祉主事や社会調査士の資格取得も可能です。
社会学部で学んだ知識を十分に活かせる職業として活用できます。

卒業後の進路として有利になると言われているのがマスコミ関係です。
放送業界や出版業界、通信業界などのマスコミ関連企業で社会学部卒の方が重宝されるのは、様々な情報を瞬時に察知しながら柔軟な考え方で解決法を示す能力を有していると判断されるからです。
現在はテレビやラジオだけでなくインターネットが広く普及しており、一般の方でも新しい情報をすぐに知ることができる環境が整っています。
たくさんの情報が溢れているような状況にあるため、正しい選択をして多くの方に発信できるスキルを修得している方の力が求められています。

マスコミ関係意外にも福祉関係や金融関係、サービス業界、公務員、教員、など様々な職場で重宝される存在として活躍しています。
学校で学んできた内容を実生活で活用できる場面が多いのが社会学を学習する最大のメリットになります。

カテゴリー: 学べることをチェックしよう