農学

農学

農学部で学ぶこと

農学部では、何を学ぶのかといえば、最近発展しているバイオテクノロジーなどを主に学びます。
農業の分野にも最先端技術は導入されていますし、それらは実用化されているのです。

例えば遺伝子組み換えの病害、害虫に強い品種を育てたり、クローニングによって大量に培養することなどが行われているのが特徴です。
人口が増えることによって食糧危機の危険が増えますし、地球環境が悪化すれば農作物にも何らかの影響が出てきます。
農業が今取り巻いている問題は実は思った以上に多く、それら問題に対しての新しい技術に対してかなり期待が高まっています。
農学というのは歴史が長く、栽培植物野瀬産力や品質を上げるためにとても貢献していますし、役割は責任重大です。
それだけでなく、遺伝、染色体を解析するといった生物学の面で見てもかなりいろいろな成果があることがわかります。
実学研究、そして基礎研究のどちらの面においても成り立っているのです。

ですが近頃研究の対象は資源、生命科学や環境学といった多種多様化していることもあってかなり幅広い研究を余儀なくされることもあります。こうした時代背景もあり、農学の中に農化学というジャンルも増えたのが特徴です。この分野は農業生産にかかわっているいろいろな問題を化学により解決をすることを目指している学問です。生物学や生命科学とも関係性が深くてさまざまな分野に対しして影響を与えています。人の暮らしに役に立つことは間違いないジャンルです。

参考:農学部

主な就職先

農学を学んでから就職をするという場合には主な就職先として農業関係の会社、食品産業業界、食品加工業界、飲料メーカー、酒造メーカー、医薬品業界、ケミカル関連企業などへの就職があります。
農学の分野で身に着けた専門的な知識を使って、農業の試験場で働く人もいますし、都道府県の行政組織、研究機関に就職をする人が多いのも特徴です。
民間企業に進むという人は、例えば肥料や農薬を開発したり作る会社に就職をする人もいますし、食品関連企業に就職する人もいます。
農芸化学のジャンルでは、食品関連会社、化粧品会社、医薬品会社、化学工業といった専門職、研究職につくという人も多いのが特徴です。
どちらの系列も、大学院に進学する率が高くて、修士課程、博士課程に進んで、研究者になりたいと思っている人も多いのが特徴です。
測量士、日本農業技術検定やグリーンアドバイザー、食品衛生管理者の資格を取得して活躍する人もいます。

カテゴリー: 学べることをチェックしよう