経済

経済

経済学部とは

経済学部は、どのような学問なのかといえば、経済学でいうところの経済、これは経国済民を略したものをいいます。
国を治めて民を救済する、それが経済です。この概念というのは日本にはすでに近世よりも前に存在していました。
経済はとても幅広い意味で政治を統括しているのでとても重要な学問の1つです。
そして現代の経済学というのはこれまでの西洋経済学を基点とした経済現象一般的なことを研究する社会科学の1つのジャンルとして存在しています。

経済学というジャンル

経済学、これは経済理論などのジャンルに分けることができますが、確固としたとてもアカデミックな学問といってもいいでしょう。
しかしそれだけでなく人々の営みや人々の経済行為などにも着眼していて、人の社会研究をする教科でもあります。
ですから経済学というのは時代を反映していて、時代と友に変化していくというのが特徴です。
そして経済学は限られた資源が有効活用されて公平性という点で社会的な正義を幅広く持っているのでいろいろな経済現象を分析している科学といっても過言ではありません。

経済学の分野を細かく分けると、理論経済学、経済政策、経済史学といったジャンルに分けられます。
さらに対象を見る際に、どの視点から見るのかによってマクロ経済学やミクロ経済学などに分けることができます。
ミクロ経済学といえば企業が一番利益を上げるために葉どんな値段設定でどれだけ生産して、どんな労働力が必要なのかを考えます。

参考:経済学部

主な就職先

将来的に経済学部を卒業した人は、銀行や証券会社、保険会社といった金融関係、商社や製造業に就くことができます。
いろいろな業種の一般企業が就職先の選択肢に入るのですが、1番人気があるのは銀行や証券会社、保険会社といった緊急業界、商社と製造業です。
公務員になる人もいますし、研究者になるために大学院に進学する人も増えています。
また会計の専門職の大学院に進学したり、経営管理大学院や公共政策大学院といった学習環境なども整えられています。
さらに高いレベルの技術を身につければ経営管理を任される仕事についたり、コンサルタントになって活躍することも可能です。
中小企業診断士、公認会計士、ファイナンシャル・プランイング技能士や税理士などを持っているとこのジャンルで活躍をするのに役立ちます。
経済学部を出てからの就職先は一般的な企業ならどこでも選びたい放題といったところが現状ですので、好きなジャンルを選ぶことができるでしょう。

カテゴリー: 学べることをチェックしよう