専門学校入試

専門学校の入試は学校によっても違いがあるのですが、推薦入試と、そして一般入試の2つが特徴です。そして最近はAO入試といって個性的な能力を重視している入試もあります。
優秀な学生を確保するために特待生入試などを導入しているところもありますし、社会人入試を用意しているところもありますので、入試のスタイルは多種多様化している野が特徴です。

推薦・一般入試について

専門学校入試の種類として推薦と一般がありますが、推薦入試は大半の専門学校で実施されています。
学力よりは人柄を重視しているのが特徴です。

試験の内容は書類選考、面接で行われるところが多くそれにプラスして、小論文や作文を出すところも多い野が特徴です。
そして一般入試では、書類選考、学歴試験、面接試験が組み合わせて行われます。

学力試験の教科は何の専門学校なのか、その教育分野によっても違いがあります。
看護学校などの場合には国家試験を受験するための基礎学力が入学をするときから必要とされているために生物や化学などが出題範囲に入っていることもあります。

学校によって、適正試験を実施していることもあります。
特待生入試は、学力試験と面接試験が組み合わせて行われていて、学校により作文もあります。

推薦入試、一般入試の試験と比べると早期に試験が実施されることが多くて応募する期間には注意しましょう。
特待生として入学した場合は授業料が免除になったり、授業料が割引になったり、入学金免除などの特典があります。支援される特典内容はそれぞれの学校によっても違います。

社会人入試について

そして最近医療系の専門学校で特に多いのが、社会人入試です。
社会人入試は社会経験、学習履歴を考慮して書類選考のみで行っているところ、面接のみで選考しているところも多いでしょう。
もちろん社会人入試でも学科試験を実施しているところもありますが、AO入試のようなスタイルを導入しているところが多いのも特徴です。

自分に合った学校は自分で調べてみよう

専門学校入試の試験内容は入学をしたいと思っている学校に聞くのが一番です。
学力重視や合格可能性が学校選びに直結してしまう難関の大学などと比較すると、将来何になりたいのか、その将来の仕事、学びたいという気持ちがある人は比較的入りやすい野が特徴です。
客観的な入試野選抜基準というのははっきりとはありませんしわかりにくいですが、オープンキャンパスなども足を運んで、どのような人材を求めているのか聞いてみるというのも1つの方法です。
自分の将来に見合った学校を選びましょう。

私立大学入試

多様化する入試スタイル

私立大学入試についてですが、今の私立大学入試方式はかなり多種多様化しているのが特徴です。
昔は3教科受験で受験できるのは1度だけというケースが多かったのですが、今は1つの大学や学部にたくさんの受験方式が用意されていることが大半です。
これまでの3教科型だけでなく、2教科のみで受験可能な方法もありますし、特定の科目の配点を高くしていて受験生が得意なジャンルで受験できるようにしているところもあります。
センター試験を使って受験する方法も導入されています。
学校内併願ができるように設定している学校も多く、そのために入試日が複数になっています。

選抜方法・受験方式について

選抜方法は3つに大きく分けることができて、1つ目は大学独自の問題で大学が個別試験によって選抜する方法、2つ目はセンター試験だけで行う方法、3つ目はセンター試験と個別試験の結果を総合して選ぶ方法があります。
受験方式はそれぞれによって違うので、確認する必要があります。
私立大学入試にあたってよく出てくる言葉が全学部日程です。
全学部日程は全学部全学科が同日に一斉に試験を実施することを言います。
普通の試験日程と組み合わせて一緒の大学の同一学部を2度受験可能ですし、別の学科を受験することもできるのが特徴です。そして地方試験という言葉も私立大学入試ではよく聞かれますが、こちらは、大学の所在地以外の地方でも受験可能ということです。
大学ごとにそれぞれ実施している場所が違っているのですが、時間とお金の無駄を省くこともできるので、地方から大学受験をしようと検討している人はぜひチェックしてみるといいでしょう。

試験日について

試験日自由選択制度を導入しているところもあります。
学部や学科、複数日に設定されている試験日を自分で自由に選ぶことができる受験の方法です。
同じ学部や学科を同じ日に連続受験するとか、別の学科を受験することもできることが多いです。
そして後期日程の試験が実施されているのも嬉しいですね。
こちらは2月から3月上旬に実施されている試験なのですが、この時期までに合格することができなかった場合にはもう一度チャレンジするために行われています。
しかしこの時期の募集人数はかなり少ないですので、倍率はかなり高くなることが予想されます。
私立大学入試は個別入試か、センター試験を利用して入試するのかに分かれますが、個別入試野場合は出願は1月から2月、入試は2月から3月となっています。
センター試験を利用する場合はセンター試験が1月中旬、その後出願して個別入試が2月から3月に実施されています。

国立大学入試

国立大学入試の特徴

国立大学入試は原則的には2回受験できますし、最大で3回受験できるのが特徴です。
センター試験を受けてから志望する大学に願書を提出して、それぞれの大学の個別の2次試験を受けます。
合否はセンター試験の点数と2次試験の点数を合わせて判断するのが普通です。
2次試験はそれぞれの大学が前期日程と後期日程の2日間に実施して、入試選抜を行っている分離分割方式で行われます。
受験生はそれぞれの日程ごとに出願する学校を変えることもできますし、同じ大学を連続で受験することもできます。
一部の国立大学は中期日程を用意しているところもありますので、これもあわせれば全部で3回も受験できるチャンスがあるのが特徴です。

以前はセンター試験がなく、共通一次試験だけでした。
共通一次試験は1979年から1989年まで10年間実施されていました。
国立大学一般入試もその時代は共通一次試験の後に2次試験として受験日が一本化されていたので受験できるのは1回のみでした。

しかしセンター試験が終わってから実施されるそれぞれの大学の2次試験は前期、中期、後期の3回にわたって実施されているので、今は最大で3回の受験チャンスがあるのが特徴ですから合格できる幅も広がっています。
その上大半の国立大学でも推薦入試を導入していますし、AO入試なども導入されているので、昔の国立大学試験と比較すると、かなり入試方式が様変わりしています。

入試の流れ

入試の流れとしては、最初に1月中旬から大学センター試験を受験します。
そして1月下旬から2月初旬に個別学力試験を受験します。
センター試験を自己採点して、2次試験のそれぞれの日程の出願する大学を決定して出願します。
前期日程で合格した大学の入学手続きをしてしまうと中期、後期で受験する資格はなくなりますので、第一志望が前期日程の受験のほうがいいでしょう。
前期日程は2月下旬から、中期日程は3月初旬から、そして後期日程は3月中旬から試験が実施されています。
合格の基準は基本的にはセンター試験と2次試験の総合で決まります。
センター試験と、この国立大学一般試験の配点の比率については、それぞれ募集単位によっても違いますし大学によっても違うのが特徴です。
一般試験重視型の学校もあり、その対策としては、一般試験の記述対策をしておいたほうがいいえ小。
もちろんセンター試験の点数も影響してきますので、どちらもしっかりと勉強をしておく必要があります。
受験前の4月から7月に基礎を固めて、8月には基礎の総仕上げをして、9月から11月には実践力を要請して、12月から1月に受験という流れが理想的です。

AO入試

AO入試とは

AO入試、これはアドミッションズオフィス入試のことを略したことになります。
最近はAO入試も受け付けている大学や専門学校が増えていることもあり、聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
AO入試は自己推薦に似ている入試形式です。
学力だけではわからない個性豊かな人材を求めることを目的に行われています。
学力を重視するよりも、目的意識や熱意、そして意欲を重視している試験です。
エントリーシートにて志望理由を提出してから正式に出願することが多いのが特徴です。
そして入試の選考方法は書類審査と面接が一般的には多いですので、学科試験がないところが大半です。
オープンキャンパスで事前に面談を受けたり、セミナーを聞いたり、レポートの作成、研究発表を課するところもありますので、それぞれの学校によってAO入試内容は違っているのが特徴です。
絶対にこの学校で学びたいという受験生の熱意が届き、これまでの学力選考では入ることができなかった学校に入れたり、学力だけでなく能力、適正に合う大学を選ぶことができるといったメリットが大きいのが特徴です。

しかし学力が問われないからといって安易な気持ちでこの方法で選べば、大学に入ってから授業のレベルが高すぎてついていけないこともありますし、入学したけれど学ぶことがないなどの場合もありますので、きちんと将来を見た上で自分に合う学校のAO入試を受験することをお勧めします。

AO入試はアメリカからの輸入型だった

AO入試と呼ばれている理由ですがAO入試は日本で生まれたわけではありません。
最初はアメリカで導入された方法なのですが、本来ならば選考の権限を持っているアドミッションオフィスという機関が実施する経費削減と効率のよい入試を目的にして実施したとされています。
AOの頭文字はこのアドミッションオフィスからとられているのです。

日本では今の時点で明確な定義はまだありません。
それぞれの大学が、導入を独自で決めて行っているのが日本のAO入試の特徴です。
学校長の推薦なしに書類選考、面接、小論文で受験生の能力や適正、目的意識や入学をしてからの学習に対しての意欲を判断する、学力試験に偏らないという新しい入試方法のスタイルとしてAO入試は実施されています。

大学だけでなく専門学校でもAO入試を導入しているところは多く、しばらく学業から離れていた社会人がAO入試で受験して大学に入りなおすというケースも珍しくないのが今の現状です。
いわば推薦入試のようなスタイルを自分で決められるのが特徴です。

センター試験

センター試験とは

センター試験とは、私立大学の8割が参加している試験システムです。
そしてすべての国公立大学で実施されています。
これまでは共通一次試験という名称で行われていたのですが、今は大学入試センター試験という名前で毎年1月の中旬から2日間実施されています。
試験はすべてマーク方式で実施されていて受験生は志望する大学で指定がある科目を選んで受験します。
国公立の一次試験として過去に行われていた共通一次試験とは違って、センター試験はたくさんの私立大学でも選択方式として導入しているところが多いのが特徴です。
そのために現役の高校生の4割は受験しているといってもいいでしょう。

受験科目と傾向

国公立と私立大学のセンター試験利用方式は受験する科目数と傾向が違います。
国庫率大学の入試の場合にはセンター試験と2次試験の総合の点数で合格が決まります。
センター試験では、大半の国公立大学が7科目以上としていますが、私立のセンター試験利用は2科目から3科目となっています。
ですが国公立大学の出願先は、センター試験が終了して自己採点をしてから決定することができますが、私立大学の場合はセンター試験の前に募集が締め切られますので、早めに募集要項を確認していつ出願するのか調べなければいけません。
センター試験は2日間にわたって行われ、実施される年によっても違いがありますが、平成26年度の場合には1日目に地理、公民、国語、外国語が実施されました。
二日目に理科、数学1、数学2が実施されています。

地理歴史は世界史A、B、日本史A、B、地理A、B、公民は現代社会、倫理、政治経済、倫理政治経済、外国語は英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語となっていて筆記試験と英語のみリスニング試験もあります。

理科は理科総合AとB,物理I化学I、生物I、地学Iから2科目選択です。
そして数学1は数学I、Aからなっており、数学2は数学Ⅱ、B、工業数理基礎、簿記・会計、情報関係基礎からなっています。先ほども紹介しましたが、私立大学の場合にはセンター試験で受験すべき科目が決められてますので、その科目をチェックした上で受験しなければいけませんし、先に私立の出願をしてからセンター試験となりますので、国公立とは順番が逆になりますので、その点間違えないように注意が必要です。
うっかりしていて出願せずにセンター試験を受けていたということにならないためにも、センター試験スケジュールや出願スケジュールをしっかりと確認しておいたほうがいいでしょう。