勉強のコツ教えます!

勉強にはコツがあります

勉強をこれから頑張ろうと考えている方はとにかくまずは始めようと考える方もいるかもしれません。
ですが、ちょっと待ってください。
勉強にはコツがあります。
コツを押さえて進めることでさらに理解がスムーズになり、実力も伸びやすくなります。

ここではそうした勉強のコツをお伝えしていきます。
ぜひ参考にして取り入れて、あなたの勉強に役立ててみて欲しいと思います。

勉強のコツをご紹介

勉強のコツのひとつめは、考える時間を長く取りすぎないということです。
数学などはうんうん唸って考える方もいます。
もちろん思考力を鍛えるために考えることはとても大切ですが、かといって考える時間ばかりを取っているとこなせる問題が少なくなってしまいます。
そのため、考える時間はあらかじめ決めておくことをおすすめします。

実は大学受験レベルの問題は、その多くが習った解き方のパターンに当てはめて解いていることが多いです。
つまり、解き方を覚えているかどうかでほぼ決まってしまうのです。
そのため、あまり長く考えるよりは、3分から5分程度の時間を集中して考えて、それでも解き方が思い浮かばなければ解答を理解して次に解けるようにすることが大切と言えます。
15分や20分など考え続けるのは難関大学の入試問題を解く際には必要になることもありますが、基本はあまり必要ではないので覚えておくと良いでしょう。

次に、繰り返し復習するということも大切です。
多くの生徒さんが1度で完全に理解しよう、覚えようとしますが、何度も復習する方がよほど大切です。
ざっと目を通すだけでも復習になるので、こまめに復習して記憶を復活させる作業をしていきましょう。
これによって覚えた内容がより定着して、本番でもスムーズに使える知識になってくれます。

数学などもひとつひとつ解き直すよりも、解ける問題はぱっと見ておくだけでも違います。
時間には限りがあるので有効活用することがとても大切です。

最後に、計画を立てることも大切です。
あまり計画を立てずに順番に問題集や参考書などを進めようとしてしまいがちですが、計画を立てて進めることでより効率良く勉強することができます。
週間計画や月間計画などを立ててから勉強を進めることで、立てないよりもずっとたくさんのことをこなせるようになります。
ぜひ計画を立てていきましょう。

コツを押さえれば勉強もよりスピードアップ

以上、勉強のコツについてご紹介してきました。
こうしたコツを押さえることでより勉強の理解のスピードもアップさせることができるので、ぜひ活用してみて欲しいと思います。
コツが掴めればさらにあなたの勉強がスピードアップして成績も伸びるようになり、良いサイクルを作ることができるようになるはずです。

独学でも受かることはできるの?

独学でも合格できます

独学でも志望校に合格することはできるのかと不安になる方も多いと思いますが、これはもちろん可能です。
多くの生徒さんが塾などを利用しなくても独学で合格できていますが、実は誰もが合格できる訳ではありません。

独学は特に、向き不向きが出やすい勉強法です。
そのため、生徒さんによっては全く成果が出ないということにもなりかねないので、気をつけておく必要があります。
ここでは独学に向いている生徒さんについてご紹介していきます。

独学が向いている方は

独学が向いている生徒さんのポイントの1つめは、自分で計画を立てることができるかということです。
計画を立ててやるべきことを決めることができれば、それをこなすことで着実に力を伸ばすことができます。
多くの生徒さんがどう勉強して良いか分からず、計画を立てられずに立ち止まってしまいます。
そのため、まずは計画を立てて進められそうかを確認してみましょう。

次のポイントとしては、参考書や問題集を自分で理解することができるかということです。
参考書や問題集が解けないのは誰でもあることですが、その時に解答を見て理解できるかどうかも大きなポイントです。
解答を見ても理解できないこともあるので、そうすると独学で勉強しようにもつまずいて時間ばかり過ぎてしまうことが多くなります。
分かりやすい参考書なども多く市販されているので、自分に合った参考書を活用することも大切です。

また、解答を見ても分からない時に質問できる学校の先生を見つけておくことも独学をスムーズにしてくれます。
学校の先生も前向きに勉強を頑張りたい生徒さんには力になってくれるので、ぜひ積極的に質問すると良いでしょう。
頑張っていると、これもやった方が良い、などのアドバイスをしてもらえることもあります。

独学が向いている生徒さんのポイントとして、モチベーションを保ち続けられるかというのも大切です。
独学は1人で勉強を進めることになります。
塾だと近くに一緒に頑張れる生徒さんがいるのでモチベーションを保ちやすいですが、独学は自分との戦いでもあります。
自分で自己管理ができそうかを確認しておくと良いでしょう。

向き不向きをチェックして始めよう

以上、独学で志望校に合格できるかどうかについてご紹介してきました。
基本的には上手く勉強することができれば合格できる可能性は十分ありますが、向き不向きがあります。
そこをチェックしてから独学での勉強を始めると良いでしょう。

また、向かないと思う方はやはり費用は多少かかってしまいますが、塾などを検討するのも1つの方法です。
こちら合わせて検討して、自分に合ったスタイルで勉強していきましょう。

集団指導と個別指導、どちらを選べばいいの?

集団と個別の違い

塾選びで迷う方が多いのが集団指導と個別指導の塾、どちらが良いんだろうということです。
集団指導では数十人、場合によっては数百人の生徒さんが教室に入って一人の講師の方の授業を聞くというスタイルです。
個別指導の場合は講師1人に対して1人から3人ほどの生徒さんの指導になり、よりきめ細かな指導が受けやすくなります。

どちらが良いかで迷う方も多いので、選び方のポイントについてご紹介していきます。
これであなたも迷うことなく決めることができるようになるはずです。

集団と個別の選び方のポイント

集団と個別、どちらにするか迷った時のポイントの1つめは、まずは生徒さんのこれまでの勉強スタイルを振り返るということです。
学校の勉強は基本的に数十人の生徒さんを前に先生が授業をしてくれます。
この授業のスタイルに不満がないかを振り返ってみましょう。
問題なければ基本は集団の塾でもやっていけるということになります。

逆に補習などで先生に個別に対応してもらっている時の方が勉強しやすかったと感じる方は個別指導を検討してみるのも良いでしょう。
よりじっくりと生徒さんのペースに合わせて教えてくれた方が良いと感じる時には個別指導はとても力強いサポートになってくれます。

集団の塾は様々な生徒さんと一緒に頑張ることができるため、新しい塾の友達ができることも多いです。
ですが、協調性やコミュニケーションが必要になるので向き不向きが出る場合もあります。
合わないと思う場合は個別指導を選択すると良いでしょう。
もちろん個別指導でも同じ塾に通う生徒さん同士で一緒に頑張ることはできます。

また、有名講師の方の授業を受けたい方は集団形式の塾になるのが基本です。
有名講師の方は基本的に多くの生徒さんから人気があるので個別に対応してもらうことは難しいです。
そのため、大手予備校などでの集団指導で受けることになるので念頭に置いておきましょう。

有名講師の方の指導はとても分かりやすいので個別に対応してもらえなくても十分理解することができます。
もしそれでも分からない場合は大手予備校のチューターの方が対応してくれたり、有名講師の方が直接質問を受け付けてくれる場合もあります。

向き不向きをチェックして検討しよう

以上、集団と個別の塾の選び方のポイントについてご紹介してきました。
どちらが良いというものではなく、生徒さんによって向き不向きがあるので、ぜひ生徒さんに合った方を利用するようにしましょう。
生徒さんに合った方法で勉強すればより勉強の効率もアップして、受験までにしっかりとした対策をすることができます。
大事なポイントなので、じっくりと考えてみてほしいと思います。

塾の選び方

塾はどう選べば良い?

受験を控えている方が検討することが多いのが塾です。
塾は受験に特化した内容を教えてくれるのでやはり活用するとより合格に近づきやすくなります。
しかし、ここで塾選びで迷ってしまう方もいます。

最近は塾や予備校もたくさんあるので、どれが良いのか分からないという方も多いです。
それぞれの塾ごとに方針なども異なるので、あなたに合った塾選びをすることがとても大切です。
ここでは塾選びのポイントについてご紹介していきます。
ぜひ参考にして今後に役立ててみてほしいと思います。

塾選びのポイント

塾選びのポイントは、まずは大手か中小の塾かというところです。
大手の塾の場合は有名な講師の方が授業形式で行なってくれて、受験情報や進路のサポートなども充実しています。
そのため活用する方は多いですが、デメリットとしては費用が高くなりやすいことや一人一人の生徒さんへの対応が薄めになりがちということが挙げられます。
大手の予備校などでは本当にたくさんの受験生の方を対応するため、どうしてもこれは仕方ないことではあります。

よりきめ細かい対応をしてくれる塾が良いなら中小規模の塾がおすすめです。
地域密着で行なっている所も多く、きめ細かな対応をしてくれます。
デメリットとして有名講師のような超実力派の講師ではないということが挙げられます。
ですが、経験豊富な講師の方が指導してくれるため、医学部などの超難関でなければ十分良い教育体制が整っている所も比較的多いです。

また、塾の雰囲気も大切です。
どんな環境や雰囲気で勉強することになるのかは、意外と大切なポイントです。
受験勉強はある程度長い期間あるので、その期間を過ごすには勉強の大変さの中にも楽しさや充実感がある方が良いと言えます。
実際こうしたことを感じている方のほうが点数も伸びやすいということも多いです。

塾を検討する際には実際に塾を訪れてみて、その雰囲気をチェックしておくと良いでしょう。
今後しばらくその環境でやっていけそうかを確認した上で申込をするようにしましょう。
塾によっては無料の体験授業を受けることができる所も多いので、活用することでより塾が自分に合うかを確認することができます。
ぜひ活用して塾選びに役立てましょう。

塾選びが上手くいけば、受験もスムーズ

以上、塾選びのポイントについてお伝えしてきました。
塾選びはしっかりと行なうことで今後の勉強がよりスムーズになり、志望校への合格の可能性も高くなります。
塾も相性がとても大切なので、ぜひ納得のいく塾選びをして欲しいと思います。
比較検討することも大切なので、できれば良さそうと思った3つほどの塾や予備校を回ってみることをおすすめします。

受験までの計画を立てよう

計画はとても大切

受験で大切なのは勉強だけではありません、体調管理や受験情報を得ることなど、様々なことが大切になりますが、その中の一つとして押さえておきたいのが計画を立てることです。

受験では計画を持って勉強することがとても大切です。
今高校生の方はまだ分からないことも多いと思いますが、仕事でもゴールとなる目標を決めて、それに向けてやるべきことを計画して進んでいくことがとても大切になるのです。
受験でもこれは同じことが言えます。
目標を立てるとそれに向けての計画を作ることができ、ムダなことをせずに目標に向かって勉強を進めることができるようになります。

例えば、目標をあまり立てていないと英語や数学、国語など目の前の様々な科目をとにかく勉強してしまいがちです。
ですが、早稲田大学の文系の学部に進みたいという目標を立てたとしましょう。
そうすると数学の勉強はあまり必要なくなり、より重点を置くべきなのは英語や国語、日本史や世界史といった科目になってきます。
このように、目標をはっきりと決めることでより今後の計画が立てやすくなります。

ここでは既に目標は立てたものとして、計画についてご紹介していきます。
ぜひ参考にして今後の受験に役立ててみて欲しいと思います。

月間、週間の目標を立てる

目標を立てる時には月間と週間の目標を立てるのがおすすめです。
1ヶ月単位で目標を立てると勉強する必要がある全体の範囲を把握しながら計画を立てることができるので、より全体像を把握しやすくなります。
全体を把握して、受験本番までに少し余裕を持って勉強が追われるような月間計画を立てましょう。

余裕を持たせておくことはとても大切で、いつも計画通りに進むとは限らないためです。
また、本番前に必ず総復習が必要になります。
そのため、ふた月ほどは余裕を見て勉強していきたいところです。

こうして月間の計画を立てたらそれを週間の計画にしていきます。
ひと月でやるべきことをこなすために、1週間ではどのくらいの量を勉強するべきなのかを計画して立てておきます。
これで毎日のやるべきことも具体的になってくるので、あとはその計画に沿って進めていくという流れになります。

無理をしすぎないことも大切

計画を立てる際には無理をしすぎないことも大切です。
あまり計画を詰めすぎるとできなかった時に自信を失ってしまいますし、思うように進まないことがストレスになってしまいます。
そのため、最初は確実にこなすことを目標にして計画を立てるのもおすすめです。

毎日やるべきことをやれたという実感は自信に繋がり、今後の勉強をよりスムーズにしてくれます。
カレンダーや紙に計画を書いて、今後の勉強をしっかりと進めていきましょう。