専門学校

即実践型の専門スキルを修得

将来自分がなりたい職業に必要なスキルを確実に取得したいと考えている方に人気がある進学先が専門学校です。
4年制大学や短期大学でも専門的なスキルを修得できますが、専門学校では特定の資格やスキルの取得を目指している方に最適な学校になります。
在学期間は1年から2年に設定される場合が多く、比較的短い期間で内容の濃い学習を進めなければいけません。
短期間で集中して高度なスキル修得を目指せるため、効率良く学習を進めたい方に向いています。

参考:専門学校とは

専門学校の特徴

専門学校と専修学校が大きく違うのは、専門課程の有無にあります。
専修学校のうち、専門課程が存在している学校が専門学校に該当します。
専門課程は高等学校を卒業した方が対象になるため、専門学校に入学するためには高等学校を卒業している事が最低条件になります。

修業課程が2年以上の専門学校で、授業時間や成績など所定の課程を経て卒業した方については、専門士の称号が与えられます。
4年制大学の学士や短期大学の短期大学士と異なる、独立した称号を得ることができます。
実践的な内容のカリキュラムに沿って学習を進めるため、専門学校を卒業した後にはその道のプロとして活躍することも可能です。

専門学校へ進学するには

専門学校に入学するためには、高等学校を卒業した方や準ずる方に限定されています。
高等学校を中退したため中卒という方については、原則として入学が認められません。
これは専門課程が高等学校を卒業している方を対象にしているためです。
場合によっては一般課程において中卒者でも入学できるとしている学校もありますので、確認が必要です。

専門学校への入学資格を満たしている方を対象にして入学試験を実施行い合否が決定されます。
高等学校から推薦を受けられる方については推薦入試のチャンスがあります。
書類選考を経て面接試験を実施した結果合否が決定されます。
推薦入試に漏れた場合は一般入試を受験します。
試験の段階で実技試験を実施して実力を判断される場合もあるため、実技系の専門学校を目指している方は事前に心の準備が必要になります。

専門学校からの編入

専門学校へ入学した方が、いろいろ考えた結果で短期大学や4年制大学へ入学し直して勉強し直したいという場合は編入試験を経て大学(短大)への編入も可能になっています。
ただし全ての専門学校から編入できるのではなく、特定の要件を満たしていなければ編入手続きができません。
例えば看護師の資格取得を目指して専門学校へ入学した方が所定の課程を修了していれば、看護学部がある短期大学または4年制大学への編入が認められるようになっています。
専門士の称号を得ている方については大学への編入が可能になると覚えておきましょう。

カテゴリー: 学校の種類を知ろう