短期大学

効率良く知識や技術を修得できる

短期大学と4年制大学、専門学校ではそれぞれ異なる学び方を実践していますが、短期大学ではそれぞれの良い点を併せ持った学習を実現できるのが大きな特長になります。
在学期間は2年間に設定している学校が多いですが、中には3年間の在学期間を設定している場合もあります。
自分が将来どのような仕事に就きたいのかによって学校の選び方が変わるため、どの学校を選ぶのかが自分の将来を決めると言っても良いでしょう。

参考:短期大学の魅力

様々な資格取得を目指せる

短期大学と4年制大学を比較してみると、大きな違いになるのは実践的な専門スキルを修得できる事があげられます。
4年制大学でも卒業と同時に得られる資格や、受験資格を得ることができる資格が存在していますが、短期大学よりも倍近くの期間が必要になります。
効率良く資格取得を目指せるのは間違いなく短期大学になるため、近い将来はこんな資格を活かした職業に就きたいと考えている方にとってはかなり近道になると考えられます。
例えば近い将来は小学校の先生になりたいと考えている方が選ぶ進学先としては、教育学部がある4年制大学と短期大学を選ぶことになりますが、早く小学校教諭として働きたいと考えている方は短期大学を選択した方が良いと考えられます。
短期大学で所定の課程を経ていれば受験資格を得て卒業後に資格取得を目指す選択肢もあります。

専門学校の場合は専門的なスキルを修得するために必要なカリキュラムに沿って学習を進めますが、取得できる資格が限られています。
最初から将来の就職先を確実に決めている場合は良いかもしれませんが、万が一途中で気が変わった場合は今まで学習してきた事が全て無駄な努力に終わってしまう可能性があります。
柔軟に他の資格取得を目指せる点でも短期大学の方が有利になる場合が多いです。

国公立と私立の違い

短期大学にも4年制大学と同様に国立、公立、私立の種類があります。
圧倒的に多いのは私立短期大学で、公立と国立の順で全国各地に存在しています。
入試はほとんどの学校でセンター試験を利用しており、二次試験に進む場合が多いです。
他にも推薦入試やAO入試を実施している場合があります。

4年制大学と同様に短期大学でも私立の学費は高くなる傾向があります。
できるだけ学費にお金をかけたくないと考えている方は国立や公立を志望する場合が多いです。
ただし、私立によっては特待生制度が準備されており、優秀な成績を収めて品行方正な学生と認められた場合は入学金や学費が免除されたり減免されたりする場合があります。
学ぶ意思が強いのに学費がなくて諦めていた方に対して門戸を広げている学校も多いです。
奨学金を利用できる場合もありますが、奨学金については卒業後に返納する必要があります。

カテゴリー: 学校の種類を知ろう