通信教育課程・夜間

様々なニーズに応えられる学校

一般的に学校に通う場合は日中に授業を受けるものです。
当然ながら日中仕事をしている方は授業を受ける事ができないため、通学が困難です。
学校に通って学ぶ意思があるのに、経済的な理由でどうしても通う事ができない方も多いです。
このような背景を受け、できるだけ多くの方に学習する機会を増やすために活用されているのが通信教育課程や夜間学部です。

参考:大学通信教育とは

学び方の違い

通信教育課程や夜間学部では、日中に授業を受ける学校と学び方が異なります。
通信教育課程の場合はテキストに沿って自宅で学習を進め、色々な課題を提出して添削を受けながら所定の単位習得を目指します。
論文形式のリポートを提出して合格する必要があるため、自宅での学習とはいえ決して手を抜く事ができません。
テレビ、ラジオ、インターネットなどのメディアを活用して授業を進める場合もあります。
一方的に講義を行なうだけでなく、学生から相談をする機会を設けているので安心です。
定期的にスクーリングを実施している場合が多いですが、いつ実施されるのかは学校によって異なるためスケジュール調整が可能か確認をしてください。

夜間学部は二部とも呼ばれていますが、その名の通り夜に講義が行われます。
以前は大学をはじめとした様々な学校に夜間学部が存在して多くの学生が学んでいましたが、現在では多くの学生が昼間に講義が行われる一般的な学校に通学しているため、夜間学部のニーズが少なくなってきたと言われています。
徐々に夜間学部を設置している学校が減り続けて存在意義が問われていますが、多くの方に学ぶ機会を得てもらいたいという原点を忘れなければいつまでも必要な存在であると考えられます。

通信教育課程と夜間学部に共通しているのは、学費が安くて入学も決して難しくない点です。
一般的に通信教育課程は高等学校を卒業している方や同等の学力を有していると認められた方なら入学する資格を既に得ています。
所定の期間までに願書を提出して書類選考を経て合否が決定します。
場合によっては小論文の提出を求められる場合もありますが、決して難しいものではありません。

夜間学部の場合は昼間の学部に比べると入試の難易度が低めになると考えられます。
ただし学校によってはかなり難しい問題が出題される場合もあるため、決して軽く考えてはいけません。
夜間学部とはいえ、しっかり勉強をしていなければ合格できない学校もたくさん存在しています。
自分の学力をあらかじめ把握しておき、合格レベルに達している学校を選択するようにしてください。

通信教育課程や夜間学部で所定の課程を経て卒業した方は、昼間の学校に通学して卒業した方と同様に学士や短期大学士などの学位が授与されます。

カテゴリー: 学校の種類を知ろう